unnamed

頭痛とはサインであり思考、考え方を変えれば痛みも解消する


今回のテーマは、

頭痛とはサインであり思考、
考え方を変えれば痛みも解消する

について紹介します。

頭痛というのは病気や問題ではなく
サインであると私は思っています。

そのサインをキャッチし、
思考の軸を変える事で傷みも解消します。

身体から何か問題が起きそうだと
SOSを送っているサインのようなものです。

なので、そのサインをしっかりとキャッチして、
対処しなくてはいけません。

そしてそのためには
私たちは考え方や思考を変える必要があります。

私自身は、

頭痛=問題=対処

と言う思考回路を持っていました。

それを

頭痛=身体からのサイン=根本から体を見直す

という思考回路に変えた結果、

頭痛の痛みともサヨナラできたのです。

通常は考え方や思考と
健康は関係ないと考える人が多いですが、

私は思考と体の健康には
深いつながりがあると考えています。

今回はそんな思考と健康、そして頭痛解消の
関連性について解説をしたいと思います。

言葉を変えると人生が変わる

言葉には力がある

私はそう考えています。

たとえば、
既に終わってしまいましたが
漫才師の日本一を決めるM1グランプリのチャンピオン

彼ら漫才コンビたちはたったの4分間人前で
しゃべっただけで1000万という大金を獲得します。

考えられません。。。

一文字に直せはいくらなのでしょうか?

彼らが使うのは普通の日本語
我々が使うのも普通の日本語

でもたった4分間、人前でしゃべるだけで
1000万円もの大金をつかめる人はなかなかいません。

そう言った違いを生むのは何故でしょうか?
一体何が違うのでしょうか?

・・・

言葉というのはパワーが違うのです。

私たちのの日々考える、そして何気なく使う言葉…

これらはすべて脳みそにダイレクトに作用します。

使う言葉を変えると行動が変化し、
感情、思考、考え方そして肉体の状態まで
変化していくと私は考えています。

思考の力で健康になる事も
不可能ではないのです。

実は日常使っている、考えている
言葉を進化させるだけで

『頭痛も解消してゆく』

私はそう考えています。

ネガティブな言葉とポジティブな言葉

「私は体が弱いし・・・」
「なんで親はこんな体に産んだんだ」
「頭痛くてイライラする」

私自身、体の不調を抱えていた以前は
ずっと恨み、ネガティブな感情を持っていました。

脳内でずっとネガティブな言葉を使っていたのです。

でもとあるきっかけである日
自分の中でそれが変わりました。

「日々使う言葉が自分を創造する」

尊敬する師匠からその事を教わり

気づきを得た私は
試しに考える言葉を変えてみました。

「丈夫な体を作るにはどうすればよいか?」
「どうすれば頭痛が起きない体が作れるか?」
「なぜ薬は効かないか?他に道はないか?」

こう頭の中で呟くようになってから
人生は変わりました。

「私は頭痛が起きてラッキーだ」

今では頭痛があってよかったとまで考えています。

頭痛は問題なのでなくサインである

こう言った話は、
ただのポジティブシンキングか…と
思われるかもしれませんが、

考え方や思考にはそれだけのパワーがあります。

思考が変われば、行動や肉体の状態も変化する。

これは体験しないと実感が出来にくいことかもしれません。

結局、私たちの人体では、
内臓や、血管など体内のどこかが調子を悪くして
結果、頭痛が起きているのです。

頭痛はそんな体内の不調を
私たちに知らせてくれるサインでもあります。

そんな頭痛の段階で体のケアができた事で
私は丈夫で健康な体に生まれ変わることができました。

そのまま放置していたら
もっと大きな病気につながっていたかもしれません。

きっかけがなければ人間は変われません。

頭痛は私の人生を変えるきっかけになってくれた。

本当に感謝しています。

あなたも今日から日々使う言葉
に意識してみてください。

1秒1秒の積み重ねが
われわれの人生を作ります。

頑張って行きましょう!

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。