困っている人に親切にする事で性格を改善する方法とメリット

困っている人に親切にする事で性格を改善する方法とメリット
今回のテーマは、

困っている人に親切にする事で
性格を改善する方法とメリット

について紹介します。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その22

「親切にすることで性格を改善しよう」

前回言った内気な生活を改善する為にも、
ストレスフリーで働くためにも、

素晴らしい方法の一つとして、

困っている人を見かけたら
親切にしてあげると良いです。

これは心の中で思うだけではダメで、

「何かお困りですか?」

と必ず声をかけることです。

ボランティア精神を発揮して

人に親切にすれば、
自然と、内気な性格が軽減し、
社交的な人間になれます。

スポンサーリンク

たいていの人は
困った人も見かけても、

「何か大変そうだな。。
手伝ってあげた方がいいのかな」

と思いながら、

実際には何も援助しません。

例えば電車の中で
お年寄りを見かけた時

「席を譲った方がいいのかな」

と思うのに、
あれこれと悩んで

結局は譲らないことが多く、

それではますます内気になり
ストレスもたまって行ってしまいます。

なので困っている人には
必ず声をかけることを

自分のルールにしてしまうのです。

人を助けて親切にするのを、
自分の主義にしてしまうのです。

「助けようとすると、
かえって向こうは嫌がるのでは。。」

などと考えなくても良いのです。

自分の性格が改善する
メリットと考えるのです。

サポートが必要なければ
「大丈夫ですよ」と相手も答えるでしょうが、

それを決めるのはあくまで相手です。

あなたが勝手に判断しなくていいのです。

あなたはあなたのルールとして
自分の決まりごととして、

たあ援助して人に親切にする。

これはストレスフリーな生き方として
とても有効な方法になります。

また困った人を助けるのは
声をかける良い訓練になります。

性格を改善する
良いチャンスにもなるので

声をかけない方が損です。

困っていない人に声をかけるのは
異性であればナンパだと思われかねませんし、

同性であっても
怪しまれかねません。

その点困っている人に声をかけるのは、
全然問題ありません。

このチャンスを逃すようでは、
内気さを改善する事もできません。

ネブラスカ大学の
グスターヴォ・カルロ博士は、

796名の大学生の内、

社交的で人あたりの良い人は、

「あなたは困っている人に同情しますか?」
「2か月以内に奉仕活動をする予定がありますか?」

などの質問に「ハイ」と
答える人が多いと報告しています。

社交的な人ほど
親切だったと言う事です。

逆に内気な人ほど

同情もしないし、
ボランティアもしない傾向がありました。

もし人に親切を出来る
場面の遭遇したら、

「チャンス到来」とばかりに
声をかけてみましょう。

重い荷物を運んでいる人がいれば

「どちらに運ぶのですか?」

と聞いてみましょう。

地図を片手にきょろきょろしている人がいれば

「どちらまで?」

ときいてみましょう。

首をひねって、頭を掻いている同僚がいれば

「何か困ってる?」

と聞いてみましょう。

そういう状況で声をかけるのは
おかしなことではありません。

相手も困っているので
あなたが輝かしく見えるでしょう。

人に親切にするという
ルールで行動していれば、

あなたは社交的になり
ストレスも軽減していきます。

困っている人に親切にする事で
性格を改善する方法とメリットがあります。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。