飲み会、酒の席が苦手な下戸の人のストレスを減らす対処方法

飲み会、酒の席が苦手な下戸の人のストレスを減らす対処方法
今回のテーマは、

飲み会、酒の席が苦手な下戸の人
のストレスを減らす対処方法

について紹介します。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その20

「酒の席でのストレスを減らす」

酒の席はビジネスマンにとって
絶対に避けて通れない道ですが、

一方でストレスのたまる席でもあります。

お酒を飲むことを通じて
親睦を深めるのが、

日本式ビジネスの特徴であり、
一緒にお酒を飲んで酔っ払う事は
とりわけ重要です。

スポンサーリンク

かつてのように
ノミュニケーションなどといって
お酒を無理強いする会社などは少なくなりましたが、

せっかくお酒の席に誘われているのに、
それを断り続けていれば、

残念ながら相手にされなくなります。

相手にされないくらいならいいのですが、

「あいつは付き合いが悪い」だの
「あいつは気持ちが悪い」

など陰口を叩かれてしまう。。

まったくもってストレスのたまる話です。

なのでお酒の席での
ストレスを減らすべく工夫が必要になってきます。

ここでストレスフリーに生きるために
お酒が飲めなくても問題はないのです。

私の知り合いは、
かなりの下戸ですが、

酒の席には喜んで出かけて行きます。

お酒の席でのストレス対処の秘訣、

実はお酒を飲む飲まないの話ではないのです。

下戸であっても、
酒の席は盛り上げられるのです。

むしろ、下戸の人ほど、
お酒に酔ったように盛り上げ役に回るのです。

飲めない人が嫌われるのは
みんなが寄って大声を出したり
バカ騒ぎをしているのに

すましている態度なのです。

おじさん達が方を組んで
大合唱しているのに、

つまらなそうな顔をしているのが
嫌がられる態度なのです。

お酒を通じて親睦を深めようとする
人間心理さえ理解しておけば、

ストレスをためる必要のないことに気づきます。

お酒の席での
ストレスを軽減するには
その雰囲気に溶け込んでしまうのが一番です。

一緒にバカになって、
自分も酔った振りをしていれば、

酒の席は何とかなります。

だいたい酔っ払った人と言うのは
何度も同じ話を繰り返します。

同じ冗談で5分も10分も笑ってたりします、

これをシラフな態度で対応とするから
疲れてストレスがたまるので、

適当に聞き流しつつも
何も考えず笑っていれば良いのです。

イギリスのハル大学の
心理学者ゲフ・ロウ博士は

参加者にアルコール度数8.2%の
お酒を360mlほど飲ませ、

それから20分のコメディ映画を見せる
という実験をしたところ、

お酒を飲ませると
飲ませないグループに比べ、

映画を見ながら笑う回数が
1.5倍も増えると言う事が分かったそうです。

同じ映画を見せても
酔っぱらった人はたくさん笑うのです。

酒の席でのストレスを減らす

その方法を簡単に言えば、
笑っておけばいいのです。

下戸で酒の席が苦痛…と言う人も
酒の席を敬遠する必要はありません。

人を楽しませる気持ちがあれば
酒の席も全く怖くありません。

自分だけウーロン茶を
飲んでいてもかまわないので

シラフで冷ややかなかををせず
酔っぱらった人のまねをするのが
ストレスを減らすコツです。

つまらない飲み会であっても
つまらなそうな顔をせず
大声で笑っていればOKなのです。

気軽な気持ちで出かけてみてはいかがでしょう。

飲み会、酒の席が苦手な下戸の人の
ストレスを減らす対処方法を
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。