決断して行動するリーダータイプになればストレスは少なくなる

決断して行動するリーダータイプになればストレスは少なくなる
今回のテーマは、

決断して行動するリーダータイプ
になればストレスは少なくなる

について紹介します。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その8

「すぐに決断して行動するリーダー
になればストレスは少なくなる」

ナポレオンは
最悪の軍人の資質について、

「遅疑」であると言っています。

モタモタ、グズグズして
決断や行動が遅い軍人が
最悪の軍人だと言うのです。

何事もパパッと決め、
行動しなくてはならないと言うのですが、

これは日本のビジネスパーソンにも
もちろん当てはまります。

決断の結果が、
例え間違いであろうとも、

とにかく決めて突き進む方が、
余計な心配ごとを抱えないで済みます。

そしてその方が仕事も
成功する可能性が高いのです。

スポンサーリンク

優柔不断では
商機も逃してしまいます。

ストレスフリーで仕事をする秘訣も、
イニシアチブを取ってしまう事です。

「誰かこの仕事やってくれる奴はいないか?」

と上司に言われたら、

真っ先に

「自分がやります、やらせて下さい」

と手を上げましょう。

ほんの少し他人より
速く決断するだけで、

やる気がある所をアピールできるし、
何よりも楽観的に見えて好感が持てます。

そしてそういう人こそ、

少なくともそのプロジェクトに関しては
リーダーになれるのです。

アメリカはウィスコンシン州マーケット大学の
エドワード・インデリーデン教授は、

21の銀行と18の製造業の
マネージャーを対象とした調査結果により、

イニシアチブを取るほど
リーダーとして評価される事をつきとめています。

つまり率先して行動できる人は
リーダーになれるのです。

さらにこのメリットは、

自分がリーダーになる事は、
下風に立たずに済むので、

ストレスを減らすことができるのです。

自分がそのプロジェクトのリーダーになれば、
仕事を切り回すことができるので、

誰かに命令されて動くよりも、
圧倒的に心理的に楽で、
ストレスは軽減されるのです。

なので本来ならば
独立起業家になって、

他人に使われないようにするのが
一番ストレスフリーな働き方ですが、

勤め人であれば
せめて社内においては
何らかのチームリーダーになりましょう。

或はリーダータイプになって
決断、行動を意識しましょう。

リーダーになれば
ストレスも減りますし、

「自分はリーダーなんだ」

という自信を強める事も出来るからです。

なのですぐに決断して行動する
リーダーになればストレスは少なくなるので
ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。