自分に甘く他人に厳しいより他人に甘く自分に厳しくで仕事に臨む

自分に甘く他人に厳しいより他人に甘く自分に厳しくで仕事に臨む
今回のテーマは、

自分に甘く他人に厳しいより
他人に甘く自分に厳しくで仕事に臨む

について紹介します。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その5

「他人に甘く、自分に厳しくで仕事に臨もう」

他人に甘く、自分に厳しく

他人の欠点を多めに見る癖を
付けると仕事のストレスは軽減します。

「親ばか」という言葉がありますが、

我が子の欠点には一切目をつぶって、

「かわいい、かわいい」と
連呼するような親の事を指します。

こう言う言葉は普通
悪い意味で使われがちですが、

仕事のストレスを減らすためには
ポジティブに使いましょう。

スポンサーリンク

相手に欠点があっても
愛せると言うのは、

素晴らしい事です。

なのでここで

親バカならぬ、人間バカになることを
アドバイスしたいと思います。

あなたがもし上司であれば
上司バカになると言う事、

部下を過大評価して
欠点があっても愛せるような上司であれば、

部下は付いてこないわけがありません。

人の惚れやすいく
褒めてくれる人になれば最強です。

一方で、自分には
いくら厳しくしてもOKです。

自分の事は甘やかさずに、
厳しいルールで自分を縛っても構いません。

でも他人に対しても
厳格な態度で臨んではいけません。

まさしく、

他人に甘く、自分に厳しい

という精神で臨むのです。

すると仕事のストレスは軽減していきます。

なのでまずは、
他人の事は大目に見る癖をつけましょう。

欠点を指摘されて
嬉しく思う人間などいないのですから。

「君は服装がだらしないね」
「君は感情的に発言する所があるよ」

と自分の欠点を指摘されて
嬉しく思う人はなかなかいません。

もし他人の欠点に気づいても
放っておくか、

指摘するにしても、
皮肉めいたニュアンスが出ないように
注意する必要があります。

プリンストン大学の
レスリー・ゼブロウィッツ教授は

「私たちは自分には甘い点を作る癖に、
他人には辛い点数をつけがちだ」

と述べています。

つまり私たちは、
自分の事を棚に上げておいて、

他人の事ばかり批判しようとする傾向があるのです。

他人に対しては、
むしろ大目に見るくらいで
ちょうどいいのです。

他の人に仕事を頼んだのに
その人が期待通りの仕事をしなかったとしても、

相手の事を責めてはいけません。

むしろ、そんな人物に
最初に仕事を持ちかけた
自分の不明を恥じてみましょう。

その方が建設的です。

完ぺきな人間などこの世にいません。

どんな人も少なからず欠点を
持っているのです。

どんなに優秀そうに見える人でも、

例えば、お酒を飲むと辛味癖があったり、
お腹がすくと不機嫌になったり、、

誰でもそれなりに欠点を持っているのですから、

「欠点を含めた相手をも愛せる」
ようになれば現実的に意味があります。

相手に甘く、自分に厳しい

このスタンスがストレスフリーで
仕事をする秘訣なのです。

もしも相手の小さな欠点が
目についてどうしようもないならば、

それは相手に問題があるのではなく、
相手の事をそんな風にしか評価できない
自分の性格の方に問題がある、

と考えるようにしてみましょう。

自分に甘く他人に厳しいより
他人に甘く自分に厳しくで
仕事に臨むほうが、

ストレスフリーで行けるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。