ストレスになる競争に巻き込まれない事、競争のデメリット

ストレスになる競争に巻き込まれない事、競争のデメリット
今回のテーマは、

ストレスになる競争に巻き込まれ
ない事、競争のデメリット

について紹介します。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その3

「ストレスになる競争に巻き込まれない事」

現代社会は競争社会と言われています。

勝ち組と負け組に分かれ、
さらに競争が激化するという
予想をする専門家も多いですね。

さらにグローバル化が進むと
海外の人や技術とも否応なく
勝負しなければなくなります。。

ただし人間にとって、

不必要な競争というのは
極めてストレスとなります。

無意味な競争はデメリットになります。

スポンサーリンク

例えば受験戦争という言葉があるほど、

受験が過酷なのは、

定員が決まっている合格者に
他人を蹴散らしてても
自分が合格しなければいけないからです。

そんな競争に
日ごろからさらされていれば

胃もいたくなりますし
仕事に不安を感じてしまいます。

さらに言えば、
日本人は元々あまり
競争に慣れていない民族と言われています。

健全に競い合う事が苦手なのです。

欧米などでは
競争することをゲームだと
考えている節があるので、

競争自体に楽しさを感じます。

しかし日本人はそう感じないのです。

フロリダ州ロビンス大学の心理学者
ジョン・ヒューストンさんが示したデータで、

日本、中国、アメリカの学生に
「競争心」を測定する心理テストを
やらせてみた所、

日本人の競争心は他の二国に
比べて劣っているという結果が出ました。

競争というのは、
多くに日本人にとって
ストレスの源泉になってしまっているのです。

競争がデメリットとなるのです。

ではどうすればいいか?

なるべく無意味な競争を避けるために
頭を使って考えるのです。

「なるべく競争なしで済む仕事はないか?」

そんなとこはどこにもない!

と反論されそうですが、
探してみると案外あるものです。

例えば、

コンサルタントとして仕事をする

・・とすれば日本に
経営コンサルタントは山のようにいるので
激しい競争に巻き込まれます。

そこでちょっと肩書を変え

「集客専門のコンサルタント」

なら、集客という限られた領域では
相対的にライバルが少なくなるので

上手くやって行けたりします。

もう少し相手を絞り

喫茶店経営者のための集客コンサル

ならもっと競争が減ります。

このように少し肩書を変えるだけで
競争は減らすことができ、

不要なストレスも減るのです。

日本人は欧米人のように
競争を楽しむと言う事に
あまり慣れていないので、

競争しないで済む道を
探索して見ると良いでしょう。

競争のデメリットを踏まえ
ストレスになる競争に巻き込まれない事

参考にして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。