食物繊維の栄養素をとる事の免疫力が高まる取り方とメリット

食物繊維の栄養素をとる事の免疫力が高まる取り方とメリット
今回のテーマは、

食物繊維の栄養素をとる事の
免疫力が高まる取り方とメリット

について紹介します。

食物繊維をとって
腸内環境を良くすると、

腸内細菌から免疫力を高める
物質が分泌します。

脂質、炭水化物、たんぱく質
にビタミン、ミネラルを加え

健康維持に欠かせない
5大栄養素と言われていますが、

食物繊維はその健康効果から、
第六の栄養素と呼ばれます。

栄養素と言うのは普通、
消化・吸収されて身体の役に立ちますが、

食物繊維は例外です。

食物繊維は植物の成分のうち、
人間の消化酵素で消化できない成分の総称で

消化されない事によって
むしろ免疫力に役立っているのです。

スポンサーリンク

また、食物繊維は
水を含んで膨らむため、

少量で満腹感を味わえ
エネルギー源にならない点で、

ダイエットに役立つ事でも知られています。

そんな食物繊維の取り方やメリット
健康への効果を詳しく見ていきましょう。

理想の便を出す食物繊維の力

消化されないのに役立つ…

と言うのは不思議に感じるかもしれませんが、

野菜などに含まれる食物繊維は、

消化されないまま消化器官を
通り過ぎるため、

胃壁を刺激して
消化器官の働きを活発にして

腸内のカスや細菌の死骸を
絡めとりながら便のかさを
増やすと言う重要な役割を果たしています。

食物繊維が不足すれば、
食べ物のカスが腸内に残って
腐敗菌を増殖させる一員となるのです。

言い換えれば、

排便量が減少すると言う事は、
私たちの腸内環境が悪くなっている
と言う事を示すシグナルです。

お腹に便を残さず、
「理想の便」と言われる

黄金色でバナナ型の便を出すには、
十分な量の食物繊維を
とる事が重要です。

そして腸内がキレイになれば
理想の免疫力も整えられます。

食物繊維の免疫に対する研究

食物繊維のメリットによって
腸内の環境を良好に保つ事が
如何に重要か、

を示す興味深い事実が、
近年では明らかになっています。

米国国立がん研究所が

穀類や豆類を多くとれば
免疫力が上がってがんを予防でき、

アレルギーも抑えられると言う
研究結果を発表したのです。

これらの食品は免疫力を
あげると同時に、

便秘や下痢をしない
元気な腸を保つためにも役立ちます。

この研究によれば、
穀物や豆類を多くとると、

がん細胞の増殖を抑える
ヘルパーT1細胞(Th1)が活性化され、

アレルギーの原因となる
ヘルパーT2細胞(Th2)の活性を抑えて、

体全体の免疫力を
あげる事が分かったのです。

また食物繊維には
食べたものに含まれるコレステロールや

小腸の消化液である
胆汁に含まれるコレステロールを
吸着するため、

コレステロールとを下げて
動脈硬化などを防ぐ働きもあります。

腸内細菌と食物繊維のメリット

なぜ穀物や豆類を食べると
免疫力が上がるのでしょうか。

実は腸内細菌がその鍵を
握っている事が分かってきました。

食物繊維は人間の体内に
吸収されませんが、

腸内に住んでいる腸内菌の
栄養源となり増殖させるのです。

人の腸の中には100兆個もの細菌がいて、
様々な活動をしています。

ビフィズス菌や乳酸菌のように
身体に良い働きをする善玉菌がいる一方で、

悪さをする悪玉菌もいます。

腸の健康はこの善玉と悪玉の
腸内細菌のバランスの上に成り立っています。

こうした腸内細菌はこれまで

腸の働きのみに関わっていると
思われていました。

しかし腸内細菌が分泌するある種の
刺激物質が腸壁から吸収されて
全身に送られる事で、

体中の免疫細胞が刺激され
免疫力が高まる事が徐々に
明らかになってきたのです。

しかもこの刺激物質は
善玉菌が多い時よりも

善玉菌と悪玉菌のバランスが
良く共存しているときに

最も多く分泌されると言うのです。

人の身体には無駄なものは
ひとつもないと言われていますが、

悪玉菌にもそれなりの
存在理由があったと言う事です。

免疫力を高める食物繊維の取り方

現代人の身体の仕組みや機能は
実は、草や木の実を食べていた
1万年前の祖先とほとんど変わっていないのです。

私たちは今でこそ、
肉を好んで食べますが、

人間の身体の作りそのものは、
肉よりも食物繊維を多く含む
食べ物を好むように出来ているのです。

現代人、特に日本人の食生活は
西欧化し便利になり

食物繊維の摂取量が
絶対的に減ってきているのです。

ちなみに食物繊維には

熟した果実、海藻などに多く含まれる
水に溶けるタイプの食物繊維と

野菜、豆類に多く含まれる
水に溶けないタイプがあります。

水溶性は便を柔らかくし、
不溶性は便の量を増やしてくれるなど、

それぞれに役割があります。

また主に植物性に含まれる
イメージがありますが、

動物性食品にも
食物繊維は存在し、

エピやカニの殻に含まれる
「キチン」がその代表です。

最近ではこのキチンを
加工して作った

キチン、キトサンサプリメントも売られており、

免疫力を高める効果があるとして
大変注目を浴びています。

こうした食物繊維の効果を
最大限に発揮すべく、

甲殻類、野菜や穀物、豆類など
バランスの良い食物繊維の豊富な
食品を毎日十分にとって

便の量を多くしながら
免疫力を高めていきましょう。

ただし、食物繊維を取りすぎると
せっかく取った大切な微量栄養素を
外に出す事もあるので、

取り過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。