パイエル板の役割と特徴、腸管免疫と腸内細菌の状態を良くする

パイエル板の役割と特徴、腸管免疫と腸内細菌の状態を良くする
今回のテーマは、

パイエル板の役割と特徴、
腸管免疫と腸内細菌の状態を良くする

について紹介します。

腸は最大の免疫臓器です。

腸は腸管免疫と呼ばれる
免疫力の司る重要な器官です。

また、腸内細菌の状態を
良くすれば腸の免疫力をアップできます。

実は腸の表面と言うのは、
身体のいわば「内なる外」と言えます。

身体の外から入ってくる
食物に触れる部分が腸の表面ですが、

食物は人間にとって
異物ですし、

有害物質や細菌が
含まれている事もあります。

腸はその食物を体内に
取り入れても良いかどうかを
瞬時に見分ける働きをします。

その意味で「内なる外」なのです。

そんな腸管免疫の役割のために
活躍するのが

パイエル板と言うリンパ組織です。

スポンサーリンク

腸に100カ所以上あるこの組織には
骨髄で作られ、

免疫反応を司るリンパ球である
T細胞が集まっています。

骨髄で作られたT細胞は
パイエル板に運ばれ

腸に入ってくる異物と接触します。

これは、いわば常に異物を見分け
攻撃する訓練を受ける事になります。

そして活性化された状態になります。

この仕組みは対外の物質に
たいしてだけではなく、

体内に出来た異物=がん細胞
についても同様です。

私たちの身体の中では、
毎日数千個ものがん細胞が
発生しています。

がん化した細胞はもともと
自分の組織であり、

いわば不良化した身内です。

身内には誰でも甘い傾向があり、

免疫細胞ががん細胞を
叩く力も、

それほど強くありません。

ところが、パイエル板で
訓練されたT細胞は異物を区別し
攻撃する力が活性化しており、

がん細胞を小さいうちに叩いて、
大きくなるのを未然に防いでいるのです。

これを腸管免疫と呼びます。

実は、この腸管免疫は
体内で最大の免疫系でもあります。

ではこの腸管免疫力を
高めるためにはどうすれば良いのでしょうか。

実は、腸管免疫に重要な
影響を及ぼしているのが、

腸内の環境、
すなわち腸内細菌の状態です。

腸内には100種類以上、
100兆個もの細菌が住んでいると言われます。

この腸内細菌の状態を良くする事が
腸管免疫力を高める事につながります。

パイエル板の役割と特徴、
腸管免疫と腸内細菌の状態の
メカニズムを良く理解しましょう。

そして腸内環境の改善は
毎日の生活習慣に対する工夫で
高める事が出来るのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。