緑茶の栄養素カテキンは殺菌力、抗酸化力、免疫力アップ効果

緑茶の栄養素カテキンは殺菌力、抗酸化力、免疫力アップ効果
今回のテーマは、

緑茶の栄養素カテキンは殺菌力、
抗酸化力、免疫力アップ効果

について紹介します。

緑茶のカテキンには
悪玉腸内細菌に抗菌作用を示し、

免疫力アップ効果があります。

日本茶を濃いめに入れると
渋みを感じる事があります。

この渋みが好みか好みでないか…

意見は分かれるところですが、

栄養の面から言うと、
この渋み成分の「カテキン」は

ファイトケミカルの一つで
私たちの健康、免疫力を守るのに
非常に役立ってくれるのです。

カテキンと言うのは、

最近良く耳にするポリフェノールの一種で

緑茶の主要成分(苦味成分)です。

スポンサーリンク

明らかにされつつあるカテキンの効果

カテキンは生活習慣病や
老化の元凶とされる

活性酸素を消去する効果を
(これを抗酸化作用といいます)
持つ成分として注目されています。

そして、脂質の酸化、血糖値の上昇、
血液の凝固を防ぎ

コレステロール値を
下げてくれる効果が知られています。

ネズミを使った実験で、

高脂質の餌を与えたネズミ群と
同じ餌にお茶の葉を混ぜて与えたネズミ群の

コレステロール値を比べたところ、

お茶の葉を混ぜた餌を与えた
ネズミの方が、

コレステロール値の上昇が
遥かに少なかったと言います。

お茶の葉には、カテキンだけでなく
ビタミンEや食物繊維など

コレステロール値の上昇を
抑える成分がいくつか含まれていますが、

やはり中心になったのは
カテキンだと考えられています。

さらにカテキンが注目を集めているのが

がんを予防する働きで、

静岡県など緑茶の産地として
名高い地方ではガン死亡率が実際に低いです。

緑茶の名産地の人ほど
お茶をよく飲むため

ガンになりにくいのでしょう。

カテキンにはいくつか種類がありますが、

特にそのうちの
エピガロカテキンガレート

と言う成分にガンの発生や
拡大を抑えたり、

免疫機能を高める効果が知られています。

カテキンと菌の関係

また茶カテキンの効果によって、

お茶飲料の製造過程で
ボツリヌス菌が次第に死滅する事が
明らかにされました。

そこで、ブドウ球菌、
ウエルシュ菌、腸炎ビブリオなどの
食中毒菌に対するカテキンの

最小発育阻止濃度が調べられ、
普通に飲む緑茶のカテキン濃度
(約800~1000ppm)より

遥かに低い濃度で抗菌作用を
示す事が分かったのです。

これらの菌は腸内の悪玉菌
としての一面も持っていますが、

これに対し、

免疫力をアップさせる、
善玉菌と呼ばれる乳酸菌や
ビフィズス菌などには、

私たちが普通に飲む緑茶の
カテキン濃度では、

影響を与えないと言う報告があります。

食事中お茶を飲んだり、
食後にお茶でうがいをすると

虫歯や歯周病の原因となる
細菌を殺したり、

口の中を清潔に保ち
口臭を防止してくれると言う事です。

カテキンが腸内に与える有益な効果

免疫力と深い関係にある
腸内細菌ですが、

カテキンは健康的な
腸内細菌にとって非常に有益な
役割を果たしてくれているようです。

さらに次のような興味深い
研究結果も報告されています。

ある介護施設で、医師の管理のもとに
口から食事ができず、

チューブで栄養を取っている
寝たきり老人15名を対象に

カテキン100mgを1日3回
(煎茶3~5は分のカテキン量に相当)
投与して経過を観察した結果があります。

カテキン投与後、
糞便中の善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)
が増加するのに対し、

悪玉菌(クロストリジウムなど)は減少し、
カテキンの投与をやめると
元に戻る傾向が認められたのです。

この研究によると、
カテキンの投与によって

糞便中のの有機酸が増加し、
アンモニアや硫化物などの
悪臭代謝物質が減少したことが
報告されています。

糞便の悪臭を著しく軽減した事は
介護している人も認めています。

加えて健康な成人30名に
カテキンを1日500mg投与した所、

腸の動きが良くなり、
便秘が解消したと言う報告例もあります。

免疫力を高めるカテキンの摂取法

これらの報告を見ると、
カテキンに腸内細菌に良い影響を及ぼし、

腸の調子を整える働きがあるのは
確かだと言えます。

カテキンはお茶類に含まれていますが、

含有量はお茶の種類や
葉っぱによって差があるのです。

紅茶やウーロン茶にも
カテキンは含まれていますが、

最も含有量が多いのは緑茶で

これは緑茶のカテキンが
酸化されていないからだと考えられています。

また緑茶の中でも
日光をたくさん浴びた葉にほど
カテキンは多く含まれ、

最も高級とされる玉露は
日光を遮って栽培されるため

煎茶や番茶に比べると
カテキンの量は少ないのです。

茶葉の違いだけでなく
お茶の入れ方によっても
カテキンの量は変わります。

お茶を入れると、茶葉の
カテキンがお湯に溶け出しますが、

その時熱いお湯ほど
たくさんのカテキンがお湯の中に出ます。

また最初に入れたお茶と
何度も入れたお茶を比べれば

最初のお茶に最もカテキンが多いです。

お茶を入れるときは
味を損なわない程度に熱めのお湯を使い、

茶葉を頻繁に取り替えるのが
効果的と言えます。

私たちが飲むやや濃いめの緑茶1杯には
およそ100mgのカテキンが含まれています。

腸内環境を整え、
免疫力をアップする一助として

緑茶の栄養素カテキンは殺菌力、
抗酸化力、免疫力アップ効果があり、

自分の適量を見つけて
緑茶を上手にとる事お勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。