活性酸素を除去し免疫力を高める成分ファイトケミカルの効果

活性酸素を除去し免疫力を高める成分ファイトケミカルの効果
今回のテーマは、

活性酸素を除去し免疫力を高める
成分ファイトケミカルの効果

について紹介します。

生活習慣病やがんの予防に
効果がある成分としても注目されています。

ファイトというのは
ギリシャ語で植物を意味し、

ケミカルは化学物質の事ですから

訳せば植物化学成分ということです。

植物が紫外線の害や虫などから
自身を守るために作り出した物質で、

主に野菜や果物に含まれている
色や香り、辛み、苦み成分などの
総称をファイトケミカルと言います。

ファイトケミカルの種類は
全部で数百種とも数千種とも言われ、

多数の種類がありますが、
詳しい効果が分かっているのは
ごく一部に過ぎません。

ファイトケミカルによって
効果は様々なので、

食事から出来るだけ多くの種類の
ファイトケミカルをとりたいですね。

主に植物やの色素や香り成分なので、

様々な色の野菜を食べると
多数のファイトケミカルがとれ
免疫力を高めてくれるでしょう。

スポンサーリンク

様々な効果のあるファイトケミカルの種類

野菜、果物、穀物などの食品に
ビタミンではないのに

ビタミンのような抗酸化作用を持つ
物質がたくさん見つかり、

フードファクター(機能性成分)
などとかつては呼ばれていました。

ファイトケミカルは第7の栄養素とも呼ばれ

5大栄養素である
炭水化物、脂質、タンパク質、
ビタミン、ミネラル、

そして第6の栄養素といわれる
食物繊維に次ぐ栄養素と言う意味です。

その種類はおよそ1万種類以上と言われ
緑黄色野菜だけでなく

淡色野菜や果物にも
多く存在します。

ファイトケミカルの
代表的なものとしては、

赤ワインに含まれるポリフェノールの
一種であるアントシアニン、

動物性脂肪をたくさん取っている
フランス人に生活習慣病の死亡率が
少ない事から、

注目され見つかったものです。

他にも、

βカロチンを始めとする
カロチノイド、

スイカやトマトの赤色成分である
リコピン、

葉緑素に当たるクロロフィル

キノコ類のβグルカン

キャベツや大根の
イソチオシアノート

大豆のイソフラボン、
大豆サポニン、

お茶のカテキンやタンニン、

胡麻のリグナン

ブロッコリーに含まれる
スルフォラフェイン

などが有名です。

主な効能は
活性酸素を取り除く
抗酸化作用が知られていますが、

他にも
アントシアニンは
目の機能を高めたり、

アリシンはビタミンB1の
効果を長持ちさせたり、

大豆サポニンは
がん細胞やエイズ・ウィルスの
増殖を抑えるなど、

それぞれに様々な効果があります。

ファイトケミカルと活性酸素

ファイトケミカルが
免疫力に有益な作用をする
働きとして、

これらファイトケミカルは
身体を老化させる活性酸素を
除去するとともに

免疫力を高め、生活習慣病の
予防に効果を発揮してくれます。

体内に活性酸素が増えると
重大な病気の原因となりますが、

私たちの身体には
活性酸素の害を無害化する
働きが備わっていて、

この働きを抗酸化作用と言います。

ところが、この抗酸化力は
年齢とともに衰え、

活性酸素の量が増えると
働きが追いつかなくなります。

野菜や果物に含まれる
ファイトケミカルには
優れた抗酸化作用があるため

そうした私たちの抗酸化力の
衰えを補ってくれるのです。

やはり果物や野菜に豊富なビタミン類にも
抗酸化作用があるので、

野菜や果物を毎日適量とれば
二重の守りになります。

免疫細胞を高めるファイトケミカルの摂取法

またファイトケミカルは
白血球など免疫細胞の働きを
高める力も強く、

その種類によっては
病気のときに使われる

免疫増強剤に負けない作用を
持つ事も分かっています。

特に、スイカ、バナナ、ブドウなど
果物には、

骨髄の働きを活発にして
白血球を増やす効果があると言われています。

一般に、ファイトケミカルは
野菜や果物の繊維の中に
守られています。

そのため、効率よく
摂取するには細かく刻んだり、

すりつぶしたりする調理法が
オススメです。

またファイトケミカルは
比較的熱に強いので、

炒めたり、煮込んでも
問題ありません。

生のまま食べるよりも
有効成分をとりやすい上に

かさも減り、量も多く食べられます。

色々な種類を幅広く食べるのが
オススメの食べ方です。

活性酸素の被害を取り除き、
免疫力を高める効果のある
食品成分がファイトケミカルです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。